無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ただ、君を愛してる
0
    JUGEMテーマ:映画



    宮崎あおい、玉木宏、黒木メイサ


    この三者の恋模様を描いた作品です。




    宮崎あおいの演じる静流は生まれつきの病気があり、


    成長すると病気もおなじく大きくなるとのこと。


    玉木宏と一緒に住むことになったとき、


    ビスケットではなくキチンと食事をとっていた。


    それが、病気を大きくしても恋、そして成長することを選ぶという


    そんな、覚悟があとになってわかり心に効いてきました。




    切なく、悲しい、とても心に残る作品でした。


    私の嫁は、途中からずっと泣いてました。


    ただ、私的には3人とももっとやりようがあるだろうと


    じれったく思うところも多々ありましたね。




    静流には、それほどの覚悟で成長したのなら会いに行くべきと言いたい。


    玉置浩の瀬川には、大学はじめからみゆき(黒木メイサ)が好きだったんだから、もっと大学卒業のあたりまでひっぱらずさっさと告白しときなさい、と言いたい。


    ウエディングフェアに一緒に行くなんて普通ありえないでしょ、と。




    みゆき(黒木メイサ)に関しては、なぜ瀬川を好きになっていったのかが、もっと描いて欲しかったなあ。と思いますね。


    瀬川を好きになるポイントが分からず、そこがクリアだったらもっとこの作品に感情移入ができた気がする。


    とはいえ、瀬川と静流の初めての、そして最後のキスの場面はとても美しい。


    そして、その後の静流がいなくなった後の瀬川の気持ちが痛いほど伝わり切ない気持ちがあふれるようでした。


    いい映画ですね。


    しかし、玉木宏は「のだめ」でも「ただ愛」でも隠し撮りされるんだな、と可笑しくなりました。


    ★★★★☆

    ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]




    | ろひた | 映画 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    2011/09/20 11:46 AM posted by: しんのすけ
    初めまして!
    ネットで検索していてたどり着きました。
    黒木メイサちゃんのファンでファンブログやっているものです。
    「ただ、君を愛してる」久しぶりに思い出しました。
    メイサちゃん18歳の頃の映画です。
    静流のけなげな恋がいっぱいの作品ですよね。
    NWでの個展での写真、私も泣けました。
    おじゃましました。m(_ _)m
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://rohitablog.tomato-japan.com/trackback/77